MENU

2016/06/23 13:53:23 |
慰謝料と聞くと真っ先に離婚に関する内容を思い浮かべるものですが、身近なものとして交通事故に関連する慰謝料の問題もあります。被害者側が加害者に請求をするもので、実際にかかった怪我の治療費の他に得られるお金となります。慰謝料は過去の事例からの大体の相場があっても、怪我の治療費のように具体的にいくらと決まっているわけではありません。そのため、示談を進めるのであれば交渉の内容によって慰謝料金額は上下し、下手に進めてしまうと本来得られたはずの金額よりも遥かに少ない慰謝料で示談が成立してしまう可能性もあります。一般的に交通事故の被害者は加害者の加入する保険会社と示談を進めるため、どうしても交渉は不利になり...
2016/06/23 13:53:23 |
クレジットカードを使いすぎてしまった、キャッシングでお金を借りすぎてしまったなど、借金に関する悩みはいつの時代にも存在しています。計画的に利用を行えば生活に役立つこれらのサービスも、使いすぎや借りすぎによって支払いが困難になる場合もあります。借金が払えないほどに膨らんでしまえば何らかの方法で解決を行わなければなりませんが、その代表的なものと言えば債務整理です。裁判所を介すものから話し合いによる解決まで様々ですが、何れにしても債務整理による借金解決は払えない方にとっては最後の砦とも言えます。借金がまるで支払えないほどに多くなっている方、収入が無くて今後も返済ができる見込みが無い方が行う自己破産、...
2016/06/23 13:53:23 |
借金解決の相談で解決方法として多く用いられるのが、任意整理です。債権者と弁護士が話し合い、借金の減額を任意で行う手続きとなります。借金は払いたいが、債務者の状況として今のままでは払えない、利息をなくしてくれれば返済計画を立て直して借りた分だけは最低限支払っていきたいといった内容の話し合いを行い、債権者側の合意が得られれば任意整理の成立となります。法的な拘束力は何もなく、あくまで債権者との話し合いとなるのが任意整理で、重要となるのは債権者にどれだけ妥協をさせられるかです。債権者側も納得をしない限りは任意整理が整理しないため、例えば借りた本人が勝手に話し合いを進めようとしてもうまくいかない場合がほ...
2016/06/23 13:53:23 |
昔に比べると消費者金融は安心して借りられるようになってきていますが、だからと言って借金の支払いができないからとそのままにしてても良いわけではありません。一昔前であればグレーゾーン金利があったため、支払いができなくなっても払いすぎた利息によって完済分の支払いをしている、またはお金が返ってくる場合すらもありました。しかし今ではグレーゾーン金利もなくなっているので、違法な業者で借りていないのであれば利息を払いすぎることはありません。そのため、正規の消費者金融で借りている以上は、しっかりと返済をしなければなりません。返済がされなければ消費者金融側もしっかりとした対応で返済を迫ってきますので、借りたお金...
2016/06/23 13:53:23 |
一度でも関わりを持ってしまうと何かと大きなトラブルになる場合もある闇金は、まずは基本として接触をしないのが一番です。お金を借りないのはもちろんですが、それ以前に接触をしなければ闇金の被害に遭うこともありません。しかし、お金に困ってしまい、どこにも頼れずに闇金から借りてしまう方もいます。闇金が貸し付ける金額は2万円や3万円などの極少額となりますが、借りたお金に対する請求額は遥かに高くなります。2万円しか借りていないのに取り立てによる請求額が10万円を超えるなどはよくあり、払えないからとそのままにしていると他の方に対して取り立てを行う場合すらもあります。例えば家族の方や勤務先の会社への連絡で嫌がら...